ゴムボートで釣りを楽しむ極意|休日を豊かにする

男性と女性

楽しむための必須事項

ウインドサーフィン

ゲレンデ選びがウインドサーフィンを始めるときには必要となってきます。その上で、ゲレンデ近くのショップを探し、足を運ぶと良いです。ショップに通うと様々なメリットが得られ、安全かつ快適にウインドサーフィンが楽しめます。

軽量で運びやすいボート

釣り道具

選び方のポイントは

釣りをするさいには岸から行うものと、ボートに乗って沖合で行うものがあります。ボートはレンタルで借りるといった方法もありますが、思うようなボートを手に入らなかったり、また人気エリアではシーズン中に借りられないといったケースもありますし、そのような釣りに対応していないところではそもそも釣り用のボートを貸し出していないといったケースもあります。このためボートを車で運んで持ち込むといったこともありますが、本格的なボートは保管場所も必要など維持するのが大変です。その点で有利なのがゴムボートです。ゴムボートはゴムで出来た胴体に空気を入れることでボートとするものであり、不要な時は空気を抜いておけば小さなスペースで、保管することができます。すぐに使えないといったデメリットはありますが、軽量で運びやすいといったメリットがあります。釣りに限らずゴムボートの選び方としては、サイズ、定員、重量、馬力、ビジュアルや価格といったものです。サイズと定員は比例するもので、大きいものほど安定し多くの人が乗船できますが、ゴムボートといっても大きくなると空気を抜いても相応の大きさになります。あまりにも大きいものは細々とした釣りポイントでは不向きです。小さすぎると定員一杯に乗ると釣りをするのが困難ですから、1人で釣りをする場合でも2、3人乗りのものを選ぶ方が余裕があります。またゴムボートには移動するために船外機を利用しますが、オーソドックスなものは二馬力のものです。大きい馬力の方が移動が安定しますが、馬力が高くなると船舶免許が必要になるので注意が必要です。用途を考えた上で、ビジュアルや価格からゴムボートを購入するのがポイントです。

楽しい時間を過ごすために

BBQ

西中島で子供を連れてBBQをする時は、川沿いの場所は避けておく方が無難です。調理をする人、子供を見る人など、不慮の事故を避けるためにも、大人の分担をしっかりと決めておきましょう。ゴミは持ち帰る必要がありますので、食材の持ち込み方など、ゴミを出さない工夫も必要です。

複数ショップを比較する

ダイビング

ダイビングライセンスを取得するダイビングスクールを決める時には、通いやすいところにあるスクールをいくつかピックアップして下さい。それらを全て訪問して、講習にかかる総額とスタッフの相性などを総合して決めるようにしてください。